2015年

7月

22日

The Chicken(4)

チキンをきちんと(4)

前の記事はこちら

 

もう一個くらい、Bob Mintzerさまのソロを見てみたいと思います。

 

 

実は、さっき、これを採譜しているYou Tubeの動画を見つけて。

 

https://www.youtube.com/watch?v=pobty2JaUIc

 

マジかぁ。

採譜する前に気づいておけばよかったと凹むのですが。

まぁ、採譜は自分ですることにも意味があります(自慰)。

 

1コーラス目。

2小節めとかおもしろいですよね。

Aの3和音、トライアドで、E♭ A♭ C E♭ A♭ C~って。

 

あらためていうほどの話でもないんですが、ミクソリディアンのスケールには、3つのトライアド、ドミソの関係の3和音が含まれます。

B♭とE♭とA♭。

そのうちのA♭であがってます、ってだけ。

 

スケールに含まれる、3和音の1つを強調する、ってのは、しょうもなさそうで、けっこう効果的。

 


 8小節めのG7のところ。

ぱっと聴いたら、一瞬、何やってんねやろー、ってなりますが、音使い的には、シンプルにG7のコンビネーションディミニッシュドスケールです。

コンディミのスケール覚える、というのと、それを使ってこういうフレーズを吹くってのの間には、かなりの高いハードルを感じます。

 

とりあえずは、そのスケールを使ってる、気に入ったフレーズってのを採譜して覚えて使う、ってのが手っ取り早い。

 

7小節めのD7のところと、9、10小節めのC7のところは何かしら、似た雰囲気を感じます。

 

これ、よくある、ジャズの常套句にこういうのあるじゃないですか。

(KeyはCとして)

G7のミクソリディアンの中にはG、F、Cの3和音がある。

それを順番につなげた、的なやつ。

 

そっから派生したような感じに聞こえます。

 


次のコーラス。

最初の2小節。

 

前回出てきたハーフディミニッシュの上がり下がり、みたいなのを発見。

もう1個、音が付け足されてますが。

こういうのってどこでも使えるんですね、って、なんか、プロミスの宣伝みたいですが。

 

ちなみに、5小節目のE♭7のところ、最初のはハーフディミニッシュですが、半音上がったやつは、ちょっと音が違います。

わざと変えたのか、間違えたのかは、よくわかりませぬ。


あと、前回ご紹介したトライアド、3和音の話。

7小節め、D7のところで、E♭ A♭ C E♭~って、もろA♭の3和音で駆け上がってます。

D7の代理コードのA♭7を使ってる、と理解すればいいわけですが。

 

コンビネーションディミニッシュドスケールってのは、3和音が4つ含まれています。


D7なら、D, F, A♭,B。

この4つの3和音を即座にもってこれる、ってのは、後々有用かと。


4小節目の4拍めは、もろにB♭のオルタードスケール。

前回もありましたよね、B♭のオルタードスケールで降りて行って、E♭7の3度、Gにつながるっての。 

The Chickenは冒頭B♭7が4小節あるんですが、ポイントは4小節め

オルタードとかコンディミのフレーズからE♭7のコードトーンに流れいくと、キチンと感が増します。

 

9小節目からのC7。

これも、音使いで言えばただのコンディミなんですけどね。

並び替えるだけでこんな風になるんだー、と。


こういうのを即座に吹けるようになるには熟練が必要。。。


まぁ、コンディミをここまで使いこなせずとも。

 

ここまでにご紹介したいくつかのソロを、真似して吹けるようになって。

吹いていることの意味を頭でも理解できてれば。

けっこう、チキンをきちんと吹けるようになる、ハズ!!