2015年

9月

13日

Half Diminished Lick - 外人のおっちゃんの言うてること(3)

(前の記事はこちら)


チュートリアルビデオの続き。

2:20-3:15に3つめのLickがでてきます。

これが、The Chickenのアドリブの話の際に紹介したやつ。

 

突如ややこしくなります。

 

最初の4小節、C7で言うと、

1小節めは、Em7(♭5)のアルペジオであがって、半音上のFm7(♭5)のアルペジオで降りてくる。

2小節目は、Em7(♭5)のアルペジオに戻って。

3小節目は、代理コードのG♭9のルート抜き、B♭m7(♭5)のアルペジオにつなげる、と。

 

譜面に書いてることと吹いてることが違うのが、いかにも外人さんなんですが、わたくしは生真面目な日本人なので、最初に吹いているやつを12keyに展開してみました。

7thコードのルート抜き、で、イメージしたかったので、こういう記譜になってます。

 

代理の7thのルート抜いたらできるハーフディミニッシュが、もとのコードのオルタードスケールの中の音なんで、解決するのもオルタードスケールを使った方が馴染むっぽい。 


しかし。

 

これが。

 

難しい。

 

譜面見たら吹けるんだけど、暗譜でとなると、難しい。

G♭7~A7の貧困ゾーンが苦しい。

 

ぶっちゃけ、1週間くらい地道にやって、ゆっくりなら吹けるようになりました。

速くなると、間違える。

 

でも、これ、きっちり把握して、寝てても吹けるようになると、いろんなところで見通しがよくなる気がします。


(続く)