2016年

2月

17日

Feel Like Makin' Love (1)

ファンクセッションで取り上げられることも多く、また、ジャズセッションでもこれは通じることの多い名曲Feel Like makin’ Love。

アルトサックス吹きの好物です。

なぜならば、♭#のないキーだから(笑)

でも、けっこう、ちゃんと吹くのは難しいです。

アルトサックスでいう(この譜面でいう)、ソラドレミのペンタトニックスケールと、ブルーノートスケールで通せるといえば通せるのですが、それだと、やっぱりイマイチ。

ところどころに散りばめられてあるクセのあるコードの処理をきちんとしておくと、「お、ちゃんとやっとる」という雰囲気が出ます。

 

どこかというと、

 

(1) 4小節めあたりのB♭7 – A7

(2) 8小節めのF#7

(3) 最後の小節のD7

 

この3か所に絞って解説してみたいと思います。

とりあえず、今回は、この曲の練習用に作ったMIDI音源をあげておきます。

 

BPM 66

BPM 72

BPM 92

BPM 92くらいでセッションでドヤ顔でシャレオツにぶちかますのが、目標です。