2016年

3月

08日

A Whiter Shade of Pale(青い影)

こないだのライブ、飛び入りのお姉さまに「青い影」ってリクエストされて、ピアニストもわたしもピンとこず、対応できなくて、反省。

 

家帰って調べると、「A Whiter Shade of Pale」(Procol Harum)

あーーー。

知ってました。

 

イントロのオルガンが特徴的。

タイトル言われてもピンとこないけど、聴いたら知ってるという。

 

で、この曲。

 

知ってるといえば、知っているんだけど、いざ、やってと言われたら、構成がよくわからない。

ちょっと採譜してみました。

ライブ版だと、Int-A-Bを3回やって、Intの途中からBにつっこんだりしてるみたい。

 

こんな半端な小節数の構成だったのか。

 

Beatlesの曲とかでも、曲で覚えてるから自然に吹けるけど、小節数(下手したら拍子も)が意外と半端なやつとか結構あります。

 

このあたりは、譜面みて吹くってより、身体で覚えて吹く曲だなぁ。