2016年

7月

12日

MuseScore-10.譜面のサイズを大きくする

お金のないミュージシャンにありがたい、無料の譜面作成ソフト「MuseScore」のお話。

 

40歳を越えて、原因はよくわからないのですが、細かい文字が見づらくなってきました。

もう少し、おたまじゃくしが大きければ。。。

 

MuseScore、譜面を右クリックすると、「小譜表」というチェックボックスが出てきます。

これをチェックすると、譜面が小さくなり、いっぱい情報を詰め込めます。

 

 

で、これと逆のことをしたいわけですが、どれくらい小さくするか、という設定は、

 

上部の「スタイル」タブから「一般」を選び、

その中の「サイズ」を選びます。

初期状態は、70%に設定されているのですが、これを150%とかに設定してあげると。

 

1.5倍の大きさのおたまじゃくしになってくれます!

 

サックス教室を初めてみて、けっこう年配の方で、老後の楽しみにサックスを吹いてみたい、という方が意外と多いことに気づきました。

でも、市販のテキストって、文字、小さいんですよね。

運指表なんて、どこが黒塗りなのか、判別するのが大変。

 

なもので、基礎的なエチュードや、運指表、そうとう大きいサイズに作り直してみました。

サイズ比較のKentはロングサイズです(笑)

 

これなら、ストレスも軽減されるだろう(^O^)/