FのBluesを聴こう

レッスンに来ていただいている方向けのメモのようなブログです。

実音でKeyがFのブルース。

アルトサックスだと#2つでDのブルース、テナーサックスだと#1つでGのブルースになります。

Now's the Time

なんといってもテーマが簡単なNow's the Time

 

まずはCharlie Parker。一応これを聴いておかないと。

Art Blakey。

ドラマーでありリーダーであるアートブレイキーのロールが毎度インパクトあります。

Sonny Stittの演奏を採譜しておられる方がいました。

このCDはよく聴いたなぁ。

Billie's Bounce

Fのブルースって言われたら、わたしはたいていこの曲を吹きます。なんか、好きだから。

John Coltraneの演奏。

音の洪水。

ギターの名手Wes Montgomeryのバンド。

Straight, No Chaser

これもセッションでよくやります。

 

Cannonball Adderleyがだいぶアウトフレーズを吹いていますが、個人的にはアウトしていないキャノンボールアダレイが好き。

Lee MorganとClifford Jordanの双頭クインテット。

Au Privave

こちらもチャーリーパーカーの演奏から。

Cannonball AdderleyとWes Montgomery

Max Roach Quintet。テナーサックスはHank Mobely。

オルガン奏者Jimmy Smithの演奏。

バックがオルガンだと雰囲気もだいぶ違ってきます。

大好きなPhil Woodsの演奏(大好きなものが多い)。

 

 

最近は、You Tubeでいろいろなセッションが動画で見れて楽しいですね。

 

Clark Terry - Bob Brookmeyer

かなり若いころのPhil Woodsの映像が見れます。

バブル期の終わりごろには、日本でも豪華な演奏がいっぱい聴けたようです(微妙に生まれるのが遅くて間に合っていない)

 

トランペット日野皓正 with 豪華メンバー。

Chick Corea先生が何をやっているのか、わたしの頭では全然ついていけません。 

私が大好きなサックス奏者、Kenny Garrett先生が吹いています。

1コーラスめとか、全部アウトしてます。

途中は聖者の行進の引用。これ、使えるな。

トランペットはRoy Hargrove。いえーい。

 

 

他にも検索すれば、いっぱい演奏があります。

Fのブルースをマスターしてセッションにいこう♪