2017年

2月

02日

Recado Bossa Nova (The Gift)

Hank MobleyとLee Morganの演奏しかどうしても馴染めないRecado Bossa。

ときどき、レッスンで、これやりたいと言われます。

セッションでもまあまあの頻度でやる気もする。

山口百恵の「いい日旅立ち」の元となった曲です(嘘)。

 

ポルトガル語題「Recado」、ブラジルのジャルマ・フェヘイラ(Djalma Ferreira)が1959年に作曲したボサノヴァの曲だそうな。

英語題は「Recado Bossa Nova」または「The Gift」なんですが、これをわたしはずっと、Recardo Bossa Novaという風に誤ってスペルを覚えてたんですが、今日、原因が判明。

The Handbook of Jazz Standards、通称青本の譜面のスペルが間違っているんですね。 

ちなみに、作曲者名のスペルも間違ってるっぽいです。

インターネットがない時代は、真偽の調べようもなかったんですが、今となってわかる事実。

 

それはそうと、この曲。

Hank Mobley版は、Gmキーなんですが、テイクによってキーはマチマチです。

 

Manhattan Jazz Quintetは、おんなじGmキー。

 

でも、Zoot SimsはB♭mキー。

歌ものでは、Eydie Gormeという人のが有名らしいのですが、これはCmキー。

Roy Eldridgeというトランぺッターの方のテイクはDmキーです。

最近みんなが持っているJazz Standard Bible、通称黒本、はDmキーになってます。

Real BookもDmキー。

それでやるのが一般的なんでしょうか?

 

でも、自分がやるなら、イメージのHank Mobley版でやりたい。

キーGmで、ブレイクもいれて、ドラムのフィルインとかも欲しい。

 

というわけで、いつかのために譜面をつくっておきました。

Recado Bossa Nova- Lead Sheet - in C
Recado Bossa Nova - Lead Sheet - in C.pd
Adobe Acrobat ドキュメント 58.6 KB
Recado Bossa Nova - Lead Sheet - in Bb
Recado Bossa Nova - Lead Sheet - in Bb.p
Adobe Acrobat ドキュメント 58.8 KB
Recado Bossa Nova - Lead Sheet - in Eb
Recado Bossa Nova - Lead Sheet - in Eb.p
Adobe Acrobat ドキュメント 59.1 KB

最後の和音は、♭9thというよりは、add ♭2みたいな感じで、ぐちゃっとぶちあたっているように聴こえます。