2015年

6月

27日

MuseScore-3.いろんなコードの入力

いろんなコードの入力

MuseScoreが2.0にバージョンアップして一番嬉しいのはコード表記の柔軟性が上がったこと。

好みに応じていろんな表記ができます。


1.メジャーコード


ct7入力でC△7

cM7入力でCM7

cmaj7入力でCmaj7

cma7入力でCMA7

が選べます。

2.マイナーコード


cm7入力でCm7

c-7入力でC-7

cmin7入力でCmin7

cmi7入力でCmi7

が選べます。

3.ディミニッシュ


cdim入力でCdim

cdim7入力でCdim7

co(小文字のオー)入力でマルがついたコードが書けます。

4.ハーフディミニッシュ


cm7(b5)入力でCm7(b5)

c0(数字のゼロ)入力でマルに斜線が入ったコードが書けます。

5.その他


c7sus入力でサスコードが書けます。

c7augでオーギュメント。

c+7も認識してくれます。

c(#5)でもいいわけですが。

分数コードは / (スラッシュ)で対応します。

fm7/bbでFm7/Bbに。

テンション関係は括弧の中にいれればだいたい大丈夫。

bb7(b9)で、Bb7(b9)に。

bb7(9,#11,13)とかも受け付けてくれます。

コード全体を括弧でくくっても受け付けてくれます。

(gb7)のような入力。

必ずしもこうじゃなくていいけど、的な。

無料のソフトでこれだけできたら、わたしは大満足。

 

次へ


初めに戻る