2016年

6月

27日

There will Never be another you (1)

ジャズセッションの場で頻繁に演奏されるスタンダード曲、There will never be another you。

1942年のミュージカル映画 『ICELAND』の挿入歌だそうです(今知った)。

どんな映画かというのは、こちらのブログとかこちらのブログに書いてあります。

残念ながら、日本では上映されなかったみたい。

映画の中の、ナイトクラブのシーンでバンドが演奏しているのがこれみたい。

 

そうなんだ。

 

この曲、ジャズセッションに行きだした初期のころに覚えたのですが、実をいうとセッションの場で聴いて覚えたもので、原曲なりジャズの名演を一切聴かず吹いてました。

 

その頃(10数年まえ)、みんなが見ていたのが、スタンダードジャズハンドブック、通称青本。

そのときは、みんな、この譜面に沿って演奏していました。

 

ところで、最近、「ジャズ・スタンダード・バイブル 」という本が出版されました。

表紙が黒いので、「黒本」と言われているもの。

セッションのシーンでよく見かけるかと思います。

 

で、どっちにもThere will never be another youは掲載されているんですが、コード進行、この2冊ですこし違う。



Bメロの2小節めが、青本はA♭m - B♭7で、黒本はB♭7(#11)。

これは、セブンスコードをツーファイブに分解しただけなんでほぼおなじようなもの。

Bメロの4小節目がちょっと違う感じです。

青本はCmにいくマイナーのツーファイブ(Dm7♭5 - G7)がありますが、黒本はF7にいくサブドミナントのCm7があって、4小節目と5小節目でツーファイブの関係になっています。

 

 

ところで、最初にあげたミュージカル版、今、スタンダードジャズとして演奏されるコードとちょっと違います。

 

キーは違うのですが、比較のため、青本、黒本にあわせて、E♭キーに直して書いてみました。

まず、3小節め。

 

Dm7(♭5)と書いている譜面が多いのですが、オリジナルはスチールギターの音が露骨に5度でDm7。

 

この部分、ジャズの演奏でも、Dm7でアドリブとっているシーンがけっこう見受けられます。

 

あと、Bメロ、2小節め。

機能的には、サブドミナントマイナーのA♭m7で、

青本は、それをⅡ-Ⅴに分割してます。

黒本は代理コードのD♭7一発。

 

オリジナルは、Fm7(♭5)

D♭7の上のほうにも見れるし、A♭m7のベースをFにしたとも見れる。

似たような意味合いのコードなんですが、ちょっと、印象は変わりますね。

なんか、ミュージカルっぽい。

 

ラスト、B'の5小節めの3拍め、ジャズの譜面はA♭なんですが、オリジナルはDで、増4度違い、裏表の関係。

 


オリジナル版何度か聴くとスチールギターの音が耳に残って、やっぱり3小節めはDm7の方がいいなぁ、と思いはじめてしまいます。

ちょっと気になったので、手持ちのReal BookとNew Real Bookの譜面も見てみました。


Real Bookは、オリジナルのFm7(♭5)のコードが書いてあります。

B'の5小節めも、E♭△7 - D7の流れがある。

 

New Real Bookは黒本に近い感じ。

いずれにせよ、Bの4小節めにDm7(♭5)-G7の流れはない。

 

自分で採譜したCDもDm7(♭5)-G7の流れはなかったので、黒本のコード進行で慣れておく方が良さそうです。

 

ところで、セッション行き始めたころ教わった、半音上がって戻って終わる、っていうエンディングのパターン。

これって、出典はどこから来てるんでしょうね?

 

(続く)