2015年

6月

14日

Inner Urge-Joe Henderson(2)

(前の記事はこちら)

 

新しい曲をやるとき、いろんな人の演奏を聴くとヒントがもらえる。

You TubeでInner Urgeを探してみるといろんな人がやってる。


Allan Holdsworth

https://www.youtube.com/watch?v=bY1ZWA227Ng


Peter Bernstein and Kurt Rosenwinkel

https://www.youtube.com/watch?v=_dmmTUKOsdk


最近、よくこのギタリストの演奏を聴く。

Allan Holdsworth, Kurt Rosenwinkel。

この2人が好んでやる曲は、たいがい大変だ(笑)


Jerry Bergonzi

https://www.youtube.com/watch?v=JwEFpxIMo0M

教則本で有名なバーガンジー先生。

うまいなぁ。


Wil Swindler

https://www.youtube.com/watch?v=pG5GqHhFmZ0

この人は知らない人なんだけど、結構クオリティ高い。

アルトでテーマ吹くいたらこんな感じの音域になるんだ、とイメージが湧くので助かる。


さて、一番最初のF#m7b5(11)ってコードにつけるスケール、何が一般的なのかちょっと迷うので(わりとなんでもいけそうで)、Allan Holdsworth版のベースとギターのアドリブの最初のワンコーラスを採譜してみた。

だいたい、最初のワンコーラスくらいはインで丁寧に弾いてくれることが多い。

ベースが、もろにスケールを弾いてくれてて、一番最初のF#m7b5(11)ってコードにはb9thのGが乗っかってるのがわかる。

あとは、b13thのDなんだろう。

 

しかし、このバージョン、後半のBb7(#11) のところ、Bbmaj7(#11)でやってるんじゃないかなぁ。

ま、それは無視して。 

とにかく、これで、基本となるスケールの一覧が完成。

これを練習する、と。

ホント地味。。。

 

(続く)